スポンサード リンク


2014年06月27日

幽体離脱日記

部屋で目が覚める。

気が付くと、頭より先の視界外の位置で誰かがずっと喋り続けている。

ニュースキャスターが視聴者に向けて話すような淡々とした語り口。

かすれた男性の声で、何を喋っているのかはよく聞き取れない。

天井を見ながら、状況がうまく飲み込めずに『ひょっとしたら本当に誰か家に入り込んでいるのか』と考え激しく首を後ろにひねって喋っている人物を見ようとしたら声は消え、そのままの体勢で意識が肉体に戻る。


幽体離脱日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 15:51
スポンサード リンク


PAGE TOP ▲