スポンサード リンク


2015年05月11日

夢日記

両手に中身がパンパンに詰まった可燃ゴミの指定ゴミ袋を持っている。

ゴミを出しに行くが、現在地は自宅ではなくなだらかな坂が多いどこかの駅付近で、ゴミ捨て場がどこにあるのかよくわからない。

身体が異常に重く普通に歩けないので匍匐前進に近い形で這ってゴミ捨て場を探す。

近くに色々な店が密集している道があるのでそこを目指す。

少し坂を上ったところに可燃ゴミが大量に積まれている場所を発見する。

そのゴミ捨て場へと向かい、ゴミの山に手持ちのゴミ袋を積み上げる。

手にしたゴミ袋のうち一つは山の上に乗せる事が出来たが、もう一つは山から転がり落ちる。

落ちたゴミを直す気力も無く、その場を這って去る。

坂を上って行くと父親と親戚の叔父さんが真剣に誰かの事を論じている。

軽く挨拶をして二人の脇を通り過ぎる。

落ちている十円を見つけて、ちょっとラッキーと思いつつ目覚める。


夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 14:03
2015年05月29日

夢日記

見知らぬ部屋で起床。

その時点で始業から既に3時間が経過しており、大遅刻確定。

窓の外は雨が降っている。

ショックを受けながら目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 17:39
スポンサード リンク


PAGE TOP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。