スポンサード リンク


2014年08月02日

夢日記

炎天下の中を歩き、何かの資料館のような施設を目指す。

たどり着いた資料館はその日が最後の開館日で、明日には閉鎖されるらしい。

幼稚園児らしき子供が沢山居る。

場面が変わり、職場からの帰り道を朦朧としながら歩いてる。

他にも歩いてる人は沢山いるが、大抵みんな元気。

Aかと思われる女性に話しかけられるが、朦朧としすぎて全く反応出来ない。

バス旅行に関する事を話してたように思う。

程なくして目覚める。


夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 16:00
2014年08月04日

夢日記

父方の実家によく似た家に大勢の人が集まってる。

全員アーティストらしい。

その中の二人と意気投合する。

帰ろうとすると、近くの空間がフラッシュを炊いたように眩しく光る。

玄関で、私の白いブーツが片方だけ別のブーツとすり替えられてる事に気付く。

意気投合した二人と何かを話し、再度近くの空間が光る。

程なくして目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 15:41
2014年08月06日

夢日記

名前も顔も知らない人だが、Aさんに少し似ているショートカットの超仲良しの女性と終始一緒にいる。

しょぼい遊園地らしきところに入るが、何故かすぐ出てきて路上で何人かで座談会を始める。

座談会メンバーにNさんっぽい人がいる。

Aさんに似てる女性が地面を叩いてTR-808のキックの音を出すので、地面へのデコピンとハンドクラップでTR-909の音を出して即興でジャムる。

突如、女性がムチャクチャくすぐってくるので、反動で体が浮き上がり息も出来なくなるほどくすぐり返す。

楽しい気分で目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 15:23
2014年08月09日

夢日記

誰かに海釣りのやり方を教えてもらう。

自分でもやってみようと思い立ち、実家の海に出かけようとするも釣り道具を持っておらず、更に夜明け前であらゆる店は閉まっている。

季節は冬でメチャクチャ寒い中、取りあえず海には行こうと歩き始める。

大型トラックが脇を通り過ぎる。

かけっぱなしにしていた冷房に震えながら目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 09:15
2014年08月11日

夢日記

実家の近くの道をバイクで走っている。

いつのまにか九龍城砦のようなやたらと狭い上に人と物の多い建物の内部をバイクで曲芸のように走り回っている。

『狼の牙』という称号のようなものを生まれながらに先祖から受け継いで持っている人間だけが参加出来る競技をそこで始める。

自分はハンター側の人間で、誰かは分からないが獲物側の人間を追いつめれば勝利となる。

途中からバイクを降り、狭い通路を下の階に向かってジャンプしながら高速移動する。

ほどなくして目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 05:01
スポンサード リンク


PAGE TOP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。