スポンサード リンク


2014年07月02日

夢日記

実験室のような場所で、詳細不明の重大な何かが起こる。

場面が変わり、誰かは分からないが、私を含めて三人で広大な空き地を移動中。

その中の一人が目の前に在るとても大きな木に登りたいと言い出す。

普通に考えると登れそうにない高さなので、隣に生えてる竹を三人で地上までしならせて、一気に上方へ移動する。

しかし、竹のあまりのしなりっぷりを気に入った私達は、竹をめちゃめちゃに振り回して、そのやたらとゲーム的な絵面に興奮する。

暴れまくる竹の隙間を縫って上から飛び降りたら面白そうだなと思いながら、楽しい気分で目覚める。


夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 09:18
2014年07月05日

夢日記

雨で泥まみれの田んぼのような場所で、家族と泥だらけになって何かをして遊んでいる。

泥の中から大量の蛇が出てくるので、かなり沢山捕まえる。

場所を移動する事になり、その田んぼのような場所を離れるが、母親だけは道を挟んだ隣の泥まみれの田んぼのような場所で誰かを待とうとしている。

同じように大量の蛇がいるかもしれないので、何かあったらすぐに呼んでくれと妹に頼み、少し心配しながら目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 19:24
2014年07月11日

夢日記

仕事の上司が佐野史郎。

職務上の教育の仕方があまりに酷く、評判が悪い。

道端でギターを弾き語ってる佐野史郎を置いて職場の人間全員をバスに乗せ、佐野史郎をディスる大演説を行う。

後日、激昂した佐野史郎に激しく文句を言われる。

程なくして目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 15:50
2014年07月19日

夢日記

学校を抜け出し、誰かは分からないがとても仲の良い友人と二人でレジスタンス活動を行う。

学校に戻り、授業に潜り込むと、授業参観に来ていた母親に沢山の手みやげを渡される。

姪っ子からの『普段どのように過ごしているのか?』という内容の手紙もあり、レジスタンス活動とはとても言えない良心の呵責に苛まれて目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 09:29
2014年07月27日

夢日記

岩だらけの荒野で何らかの敵対組織と戦っている。

通信を行う野外基地的な場所を取られた為、仲間と強襲して奪い返す。

しかし捕えた敵対組織のメンバーがいつの間にか中立な立場の無害な人になっている。

何が起こったか分からず不満すら漏らすメンバーもいる中、これはこれで良かったんじゃないかと思いながら目覚める。
夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 04:12
スポンサード リンク


PAGE TOP ▲
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。