スポンサード リンク


2014年06月20日

夢日記

地元に在るそこそこの大型店舗によく似た店の中を、人を追って移動している。

何かで敵対しているが、場合によっては味方になる可能性も有りそう。

追う方も追われる方も複数人居る。

第三の勢力も有るが、ハッキリとした素性は分からない。

追われる方が何かに憤慨して店舗の外に出る。

追う方の仲間にEさんに似てると感じる女性が居る。

ただし、Eさんが誰かは分からない。

追うべき人物を追って外に出て、となりの店でEさんに似たキャラクターの漫画がプリントされたガムを買うが、実際はあまり似てなかった。

そこに丁度Eさんに似た女性が通り掛かったので『似てると思って買ってみた』と言ってガムを渡したら想像以上に喜んでくれて、私の腕をバシバシ叩きながら仲間の女性とトイレに行ってしまった。

続きのセリフの『けど、あまり似てなかった』を伝え切れなかった、と思いながら目覚める。


夢日記 - 夢時間 posted by 正宗 at 00:36
スポンサード リンク


PAGE TOP ▲